クリニック開業支援

 

  医療制度改革法がの出現する度に、医療費の改正、多様化する患者さんのニーズ等、医療業界は大きく様変わりしてきました。

  以前は、開業すればなんとか成り立っていた時代もありましたが、これからの開業は経済合理性を充分に熟慮したものでなくては成功はありえないと言えます。

  開業には膨大な作業と労力が必要となり、勤務しながらドクターが一人で準備することは非常に困難です。開業をお考えのドクターを弊社と外部スタッフで力強くサポートいたします。

  独立開業は新たな人生のスタート、確実に成功を手中にする為にも是非弊社にお任せ下さい。

 

 

 

 

①立地選定

②診療圏分析 ③事業計画

開業方針に沿った最良の物件を、あらゆるネットワークを通じご紹介致します。また、流通していない物件の掘り起こし、売買賃貸の直接交渉も致します。

道路、河川、高速道路等の「周辺環境」、公共交通機関や人・車の流れによる「交通環境」、「周辺施設」、「人口比率・人口動態」、等あらゆる視角から近隣の競合を考慮し、来院数・診療報酬の予測を行います。

投資額、収支計画、スタッフ、調剤薬局等、実際のオペレーションを想定しながら具体的な計画段階に移ると同時に開業までのスケジュールを考えます。

また、家族や周りの協力も不可欠ですので、十分な話し合いと理解も重要です。

④資金調達 ⑤開業告知 ⑥設計建築計画

金融機関からの融資を受けるために、自己資金の有無、担保の有無、保証人等の実務審査に入ります。

また、借り入れの期間、金利の設定等、開業後の経営に直接影響する重要なファクターの決定が行われます。

開業には内外の多くの協力がで必要ですので、医局、現在の勤務先、同門のドクター等、関係先への告知が大切です。

また、同一地域に開業が重複しないよう、現地に看板を設置することも念頭に置く必要があります。

設計は、診療科目によってことなりますので、実際の診療内容に合わせた動線計画やレイアウトが必要です。

綿密な打ち合わせの下に設計図を起こす必要がありますので、設計士の選定は慎重に行わなければなりません。

⑦医療・事務機器の選定 ⑧建築会社の選定 ⑨スタッフ募集・教育計画

医療器具類、レセプトや各種事務機器等の検討。医療器具もメーカーや機種によって性能や価格も様々です。

建物レイアウトや資金計画にも密接に関係しますので、早目の打ち合わせが大切です。

建設会社は、医療の施工実績が豊富でアフターメンテナンスのしっかりとした会社を厳選しなければなりません。

競争入札での選定が殆どですが、価格が安いということだけでの選定は危険です。

会社の財務内容や、 経験豊富な現場監監督がいるか等冷静な判断が必要です。  

開業後の実働部隊である看護士、受付事務スタッフ等の面接、雇用契約、教育等開業にむけた実践のスタートです。

理想のオペレーションを行うために、医療に必要な専門的な知識や技術・医療機器操作の教育とともに、接遇やマナー等の人材育成を行う為の研修・教育は非常に重要です。

⑩広告宣伝計画、各種セレモニー ⑪認可取得・開業 ⑫開業後のサポート

開業前に多くの患者さんに認知してもらうため、内覧会の実施、近くの老人会、婦人会、学校、各種イベント等に積極的に参加して医療セミナーを行うことも有効です。

また、必要に応じて周辺地域に看板や広告、道順を記した案内看板の設置、HPの開設も重要です。 

建物の完成検査を終え、診療所開設届けやその他の各種許認可が受理されるといよいよ開業です。 新たな人生のスタ-トです。地域医療の担い手として大いにご活躍されることをお祈りいたします

開業は一つの通過点で、大事なことは日々の診療業務そのものです。医師としては勿論、経営者としてのあらゆる能力が必要となります。

医療行為はいろいろなリスクを伴いながら業務を進めることになります。このようなリスクヘッジをしつつ、よりよい医療を行うためには開業後の外部専門スタッフの強力を得ることが重要です。

 

         

医療施設の継承、閉院後の跡地の活用、売却、賃貸、移転、ご自宅の用立てや住み替え、

福祉施設開設、近隣地の用地交渉等不動産に係わるあらゆるご相談を承ります。

開業に係わらずあらゆる相談を承ります。お気軽にご相談下さい。

 

協力専門スタッフ
◆税理士・会計事務所 ◆社会保険労務士・弁護士
◆設計事務所・建築会社 ◆医療コンサルタント
◆金融機関・リース会社 ◆医療事務機器販売会社・メーカー
◆各種医療器具販売商社・メーカー ◆調剤薬局
◆薬品卸販売商社・メーカー ◆人材教育コンサルタント