あなたの不動産診断

 

 あなたの財産は「勝ち組」ですか「負け組」ですか? 

 貴社の不動産は目減りしていることを認識してますか?

 

 バブル経済崩壊、リーマンショック後、土地神話はなくなり、不動産の保有メリットが変化してまいりました。

 少子化によるマイホーム需要の減少や、将来の日本経済縮小不動産の動向もますます混迷を極めています。

 また、一人っ子同士が結婚すれば必ず家が一軒余ることになります。

 一方、経済の首都圏東京への一極集中。九州では福岡。熊本では熊本市とその周辺部と経済、人口の動態も著しく偏っています。

 このような地域での一部の不動産の価格は殆どが右肩下がりであるといえます。

 つまり、不動産を保有する地域とその資産価値によっては、保有コストだけがかかって全く流動しないという現象が現れつつあります。

 現に熊本県内でも、人口減少地域では手放したくても全く売れない、草刈りや税金のみかかって頭が痛い、よく聞く話です。

 現実には財産としての機能を失った全くお荷物的な不動産もあるのです!

  しかし、主要幹線沿いの店舗立地再開発人口増加地区熊本市内中心市街地周辺の企業誘致地区等

 引く手あまたの不動産もまだまだあります。光の森周辺などがよい例です。

 つまり、不動産の「勝ち組」「負け組」はっきりとした2局化減少がおこっているのです。

 同じ地域でも値がつくものと、つかないものもあります。

 

 あなたの保有する不動産はどちらですか。「負け組」ではありませんか?または「負け組予備軍」ではないですか?

 この様な方は今のうちに手を打っておかなければ大変なことになります!

 

 次のような不動産は要注意!!

 ◆環境特性◆

□ すぐに換金できない・財産価値が低い □ 大幅に値下げしないと売れない物件
□ 目減り確実な不動産 □ 人口減少地区、過疎地、空洞化地区である
□ 遠隔地である □ 農振除外の可能性がない
□ 二桁の値下がりが続いている □ 供給過剰地区のマンション、分譲地
□ 大きなショッピングモールが出来て寂しくなった旧商店街 □ 交通、学校、買物の便が悪い
□ 工場、店舗などの閉鎖地域 □ バイパスができて裏通りになった
□ 鉄道沿線で振動、騒音、鉄粉が舞う □ 新幹線ができて駅が遠くなる、特急が停まらなくなった
□ 航空機の騒音がある □ 畜舎があり臭い
□ 後継者のいない農山間地区 □ 近くに嫌悪施設がある
□ 交通量が増えて出入りが不便になった □ 駐車場の確保が難しくなってきた
□ 企業の撤退が目立つ地域 □ 最近空き地が増えた

◆土地特性◆

□ 万人受けする土地ではない □ 道路が狭い
□ 間口が狭い、奥行きがない □ 形状が悪い
□ 日当たりが悪い、北面道路である    □ 急傾斜地である
□ 崖下又は崖上である                          □ 上下水道がない
□ 家が建たない □ 単独での利用は困難、不可能である
□ 土壌汚染がある  

◆特殊事情◆

□ 賃借人、借地人がいてすぐには動かせない □ 耕作者がいない
□ 小作権付きの農地 □ 減損会計の対象になる
□ 維持管理にコストのかかる遊休地 □ 経営審査の足かせになる
□ 本業に関係のない土地 □ 売掛金回収のために取得した
□ 創業地、思い出の地、代々の財産であるが価値のない土地 □ 借り入れの大きい収益ビル(金利上昇時に対応できるか)
□ 特殊な構造、間取りの建物 □ 相続税の物納ができない
□ 売れ残ったマンション □ 入居率の下がったビル

 以上の項目に一つでも該当した場合は要注意地域特性です!

 

 該当した方の対策は・・・

■ いつでも換金できない土地は早めに売る ■ 買い換える
■ 近隣とともに再開発、売却する ■ 現金化しておく
■ 稼げる土地は稼がせる ■ 収益物件に買い換える
■ 駐車場や借地・建貸等で貸す、マンションを建てる ■ 決算対策として売る
■ 健全な財産を次世代に受け継がせたい ■ 隣接者と協力して地形を整える(等価交換する)
■ 何もしないことが最も有効な対策であることもある  

 

 もはや価値のないものは、先祖伝来の土地、創業の地、思い出の地であっても、早急に変化させることを先祖も願っているでしょう

 

 手遅れになる前に早めの相談を!!